読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・おっさんから学ぶことは多い

もうダメだ、おじさんが最高すぎる。

 

職場ルールのひとつ。それは「電話は必ず取れ」。誰の電話が鳴ろうと、どこで鳴ろうと、弊社にかかってきた電話には間違いない。取れ、と。それは徹底してきたはずだった。

ところが、フロアでブーブーとマナーモードにした内線ケータイが鳴っている。俺が座ってる島のひとつ先、おじさんの島だ。 

 

おじさん、カチャカチャ仕事してたけどさすがに10秒くらいブーブー鳴ってるので立ち上がった。「誰だよー、電話取れよまったく!」ってぶつくさいってる。そりゃそーだ、おじさんは俺より20歳以上年上で、そんな大先輩に電話を取らせるわけにはいかない。後輩である俺や新人が、駆け寄って取るべきだったのだ。反省した。

すいませんでしたおじさん、すぐとります!と複数人が駆け寄ったけど、どこでケータイが鳴ってるかわかんない。あっれ?どこらへんで鳴ってますかね、ておじさんに聞いたら、

 

「あ、俺のケータイが鳴ってる」

 

ってもう、膝から崩れ落ちたからね、フロアじゅうが。