読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷つきやすい奴はFacebookなんかやめろ

よくうちの父親が母親に「あなたはすぐひがむから」と怒られていた。まあその息子ですからね、俺もそういうところがふんだんにあるのだと思う。

 

で、Facebookの問題は以前も書いたけど、また別の問題。

後輩がね、誕生日だったんですよ。んじゃまあ、「誕生日おめでとう」みたいなコメントをつけるわけです。もちろん俺以外からも「おめでとう!」みたいなコメントがつくよね。

んでしばらくたってFacebook見たら、その後輩がコメントひとつひとつにレスをしておる。「ありがとうございます、○○の時はお世話になりました」みたいなね。ところがだ、俺のコメントにはレスがついていない。

 

さあこの事態をどう受け止めるか。まあ世間的な正解は「たまたま遅れてるだけじゃないの?」「見落としたんじゃないの?」だと思うんですよ。けどまあ、気になるじゃないですか。え、俺むちゃくちゃ嫌われてるのかなとか。俺より後にコメントつけた人にはレスしてるのに!?とか。

気づいたわ。俺、Facebookに向いてないわ。こんなことでちょっとドキドキするようじゃコメントどころか「いいね!」のクリックすらできんわ。心の中で「いいなあ」ボタンをクリックするだわ。クリック分だけ心が擦り減るわ。

 

そんな俺がインターネットで生きていける場所っつったらもう限られてる。キミがみている、ここしかない。やー、ニッキサイトさいこー。Facebookが街ならばここは実家だ。え、年末年始にFacebookで集合?んー、俺は実家で、ゴロゴロしてるわ!