読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ありがとうございます」が言えなきゃね

会社のすぐそこに、ランチもやってる小さな居酒屋みたいなのがある。アジフライとか生姜焼きとか、素朴な感じがたまらない。

で、こないだ。いままで気にしてなかったけど、そこはお母さんと息子さんの2人で経営していて、っつっても息子さんも40くらいなのでお母さんもけっこーな年齢なのだけど。おそらくだけど、お嫁さんは、いないんじゃないかな。

 

「何にします?」って聞きに来るのはお母さんで、じゃあ今日は生姜焼きと伝えると、厨房の息子さんに「生姜焼きね」と伝える。息子さんは、何も言わない。

これどっかで見たことあるわーと思ったんだけどアレだ。中2くらいの時の、母と息子の関係ってこんな感じだわ。課長が親子丼を頼んだらお母さんが厨房に向かって「親子丼ね」って。息子さんは、何も言わない。

美味しくいただいて、帰りがけに「ありがとうございました」って言うのはお母さんで、厨房からは何も聞こえてこない。

 

別の日にまたその店に行って、今日はアジフライ!お母さんが厨房に「アジフライね」って、もちろん返事はない。

まじでこれ、中2くらいのやつの延長線上でこうなってるんだとしたら、お母さん実は心配しているんじゃなかろうか。嫁もいない、挨拶もしない、私だっていつまで元気で働けるか。主人が作り上げたこの店を、あの子はちゃんとやっていけるんだろうか。

 

とまあ、妄想のくせに死ぬほど余計なお世話だわ、ってことを考えてアジフライを食べ、さてお会計と思ったらお母さんがちょっと外してていない。ってことで息子さんが会計をしてくれた。帰りがけにごちそうさまでした。って言ったら「ありがとうございました!」って。笑顔で。なんか俺嬉しくなっちゃって。お母さん、あんたの息子さん、立派やで。にっぽんいちの、息子やで!って。俺は誰なんだ、何なんだ。