読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理不尽に耐えるためのライフハック

仕事してりゃいろんなことがあるし、いろんなことを乗り越えなきゃいけない。なぜかって、嫁と子供を食わせてやらなきゃいけないだろ?サラリーマンってのは、たったそれだけのために、命を賭して毎日戦う。そういう生き物なのさ。

けど、やっぱりたまには心折れそうにもなる。人間だもの。今回は、そんなわたくしが、理不尽なストレスに耐えるための最高のライフハックをお送りしますね。

 

最近の私の仕事で、年下の奴に理不尽に怒鳴られるってのがありましてね。

事前に連絡してお願いしておいたこと、全然対応してもらってない。これやべえ、と。その旨問い合わせたら「はあ?伝わってません」「事前に連絡もないのにできるわけない」って。

いや、先週××様にご連絡差し上げたのですが…って伝えたら「本部の人間が、現場のことをわかっているとお思いで?」みたいな。すごい。会社員として、こんなにカッコ悪いセリフを、堂々と言える奴が世の中にはいるんだな。オラ、わくわくしてきたぞ!

 

その後も次々と事前調整したことを完全無視でいろんなことで怒られる。いや、事前に取り決めさせていただいたんですけれども…「本部は現場を知らずに指示を出すんですよ」「今のやり方じゃ困るんですよ」「なんとかしてください」って。そんな感じで囲まれ、ツメられる。

でもダメ、怒っちゃ。だって大人だから。この人たちは、こうやって俺を怒鳴ることが仕事なんだから。仕事させてあげなきゃ。俺も、この場でこの人たちの要望を数パーセントでも実現して、良い方向へもっていかなきゃ。だから感情に身をまかせちゃ、ダメ、絶対。

 

ではここまで私の方で対応しますので、その先の部分はなんとかお願いできないでしょうか?「え?僕らにそんな時間あるように見えます?」って言われたところでさすがのマレスケさんも、ちょっとキた。

なんなんだこいつは。現場ヒラ社員のお前が、どんだけえらいんだよ!しかもどう見ても俺より年下だろ!って思ってしまったのね。っていうか正直に言うとね、ぶっころすぞって、思っちゃったのね俺。ちくしょう!どうしよう!?

 

そんな時に気付いた。こいつ鼻毛が、出てる。一本、力強く、確実に、出ている!よっしゃーーー!!こうなったら、もう俺の勝ち。大勝利。歴史的圧勝。

 

なんか言われても、(こいつ鼻毛出てるしな。俺は出てないけど)

見下された態度を取られても(でもまあ、こいつ鼻毛出てるしな。俺は出てないけど)

怒鳴られても(とはいえ、こいつ鼻毛出てるしな。俺は出てないけど)

 

最終的には、俺より若いのに、こんな仕事の仕方して、しかも鼻毛も出てるの、もうほんとかわいそうだなって思えるようになって、つまり、優しくなれた。よーし、今日の仕事も乗り切ったぞ!こうして、俺はまたサラリーマンとして、ひとまわり大きくなった。壁を、乗り越えられたんだ。