読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事の放り投げ方

仕事にも「やれば終わる仕事」と、「どこまでやったら終わりかわかんない仕事」があるんじゃなかろうか。例えば前者は請求書100枚処理!みたいなやつで、後者は上司や先方を満足させるアイデアを出す!とかそういうのね。

 

で、先週末は後者の仕事があって、うーーーんってずっと考えてまして。えー、これどーしよう、って。ずーっと。

「どうした、なに悩んでんの」なんて先輩が声かけてくれたんで、状況相談したら「もっと脳みそに汗かいて考えろ」って。教科書どおりのクソバイスじゃないすか先輩。

 

ダメなもんはダメ。ってことで帰ることにした。だいじょうぶ、来週の俺ならきっとやれる。たのむぜ、来週の俺!ってことで帰ってビール飲んで寝た。

 

そして現在日曜日の23時。期待した「来週の俺」が、そろそろやってくるはず。やってくる、はずなんだ。頼む、来週の俺!まじで!!