読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トム、トムトム ニャーゴ

社外から代表電話にかかってきて、日本語がカタコトの外人なんだってさ。

で、以前展示場でお話した方とお話がしたい、と。でも名前覚えてなくて、と。

電話に出た同僚が「何歳くらいの社員でした?」と聞くと、30代くらいの男性だったとのこと。でもみんな身に覚えがない。「えーっと、じゃあ誰か似てる有名人いますか?」と聞いてみたところ、トム・クルーズ似だったって。ざわめく弊社。

「えー!弊社にトム・クルーズ居た~?」
「まちがいなく俺じゃないわ、俺メガネかけてるもん」
「あ、じゃあ、俺か?俺、トムか!?」
「いや違うだろ、鏡見ろよ、そしてトムにあやまれよ」
トム・ハンクスなら俺、イケたんだけどな~」

結局「ちょっとトム・クルーズ、居ないっすね~」って。電話切っちゃって、これでよかったんだろうか。