読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱きしめ待ちか

休日、保育園見学に行かないかと奥様が言う。休日は打ちっぱなしとか、ギターとか、ネットサーフィンとかで忙しいんだよ、俺。

というクズ夫ぶりを飲み込み行く事にしたんだけど、急遽奥様が体調を崩された。しゃーない、んじゃまあ俺ひとりで行ってくるわー。

 

土曜日なので子供は少なめだったけど、教育方針みたいなものから定員数、現在の応募状況まで色々聞いた。なるほどね、と。

で、小一時間くらいお話伺って、あんまり長い事居てもお邪魔でしょうし、て帰ろうとしたんだけど、園長先生がお話好きなのか、「園のイベントのお写真があるんです」ってデジカメ持って来てくれた。ああ、素敵ですね。

 

で、ひととおり写真みて帰ろうかと思ったら園長の延長戦。「私もね、ピアノの先生でしたでしょ?」て、いや、初耳ッス園長。「やはり子供と接する仕事を宿命づけられたと申しますかね」はあ。「妹がケーキ屋の代表をしておりましてね」えっと、ケーキの話いま要るんですっけ?

 

身の上話を叩き込む園長。あれ、これもしかして、俺口説かれてる?初対面の人にこんなに身の上話する?これだいじょぶ?「それでね、私も子宝に恵まれませんでしたものでね」うん、園長、失礼します!