読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐ好きになっちゃうし、すぐ忘れちゃう

ニッキ

男2人で酒。新宿の居酒屋は、どうしてこうもガヤガヤしてんだろうね。

 

そんな中、注文をとってくれた女の子がとても丁寧。お皿お下げしましょうか?お次のお飲み物いかがですか?って、笑顔で。そしたら一緒に飲んでたやつが「俺、あの娘が好きかも・・」って。恋のスピード感が異常なほど早いわ。

 

まあでもわたくしもね、わかる!こんな丁寧に接客されたら、あんな笑顔見せられたら、あの娘がとびきり美人かそうじゃないかなんて関係ない。ちょっと、好きになるよそりゃ。そのくらいのちょろさでおなじみだよ、俺ら。

でも我々が素晴らしかったのは、「それを本人に伝えだしたら厄介な客だから、絶対にやめようぜ」ってこと。あの娘が気持ちよく働くためにも、節度をもった客として振舞った。

店を出るときも笑顔で「ありがとうございました!」って言われて、ちくしょう、あんた素敵だよ!って思いを心にしまって店を出ようとした。

 

そしたらレジ担当の女の子がめっちゃ可愛いのな。お金払った後エレベーターで、「あのレジの娘可愛くなかった!?」「可愛かった!やべーー!!」「好きかもーー!!」って。もうほんと最低。