読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

両極端

先日山田邦子がテレビで、「育児が辛い」って言っちゃうのはダメ、みたいな発言して盛大に炎上した、っていうニュースを見たよ。そんなもん炎上させんでええわ。育児はとても辛いし、とても楽しい。

 

私が実感している「育児辛い」という側面は、土日がぜんぶツブれること。ごはん、トイレ、お散歩、昼寝、全てにおいて面倒見なければいけないので、自分の時間なんぞ当然ない。まあでも、そういうもんだから。

けど昼寝しない、夜更かしもする、てなるとイライラするのは事実で、心の中では「早よ寝ろや!」と叫びつつ、ねえねえお昼寝しないの?大丈夫なの?お父さん寝たいけどダメ?とか言いながら、ああ今日はお昼寝なしパターンのやつや・・とクタクタになる。この瞬間は育児辛い。

 

一方で今朝、保育園に向かう途中「おとしゃん、今日は何曜日?」と言うので、水曜日だよ、明日は何曜日?と聞いたところ「もくよーび!」と。おー曜日覚えてきた、すごいすごい。

じゃあその次は?「きんよーび、そのつぎがどよーびで、保育園はおやすみだよ」って。そうだねー物知りだねー。「保育園がおやすみの日は、おとしゃん、おかしゃんといっぱいあそべるんだよ!」だって。こんなこと言われて、次の土日頑張らずにいられるか!って話ですよ。育児辛いかって?バカヤロー楽しいに決まってんだろ!てなる。

 

という、俯瞰して見たらそういうことだから、邦ちゃん叩くのに余計なエネルギー使わずに、子どもと元気にあそぼうぜ!って思いました。ただ、昼寝はしてほしい。俺も寝たいから。

吉田かばんでも背伸びちゃうんか

あけおめでございます。今年もゆるゆるやりますね。

 

姪っ子と久しぶりに会ったので、たまに会った時くらいはってことで、じゃあおじさんと買い物行こうぜ、好きなもん何でも買ったるぜ、と。

で、こっちはちょっとしたモンを買ってやるか〜みたいなつもりでいたんだけど、スタスタとサマンサタバサに入って行った。おいちょっと待て、お前小4やろ。

 

サイフだのバッグだの見て、ちょっと他のショップも行こうぜ、って行ってモールをぐるぐる回ったのだけど、「私はサマンサタバサが欲しい」とキッパリですよ。そうなったらこっちも男だ、何でも買うたるわ!って、二人で決意してサマンサタバサへ戻った。

 

結果、大学生とか社会人が持ってても不思議じゃないような長財布を、10歳の姪っ子にプレゼントすることになったのだけど、帰宅したらウッキウキで小銭をその財布にジャラジャラ〜ってやってて、うん、君には不相応かもしれないけど、きっとそういうことじゃないんだよな。大切に、使ってくれな。

キミだけのクリスマスを楽しんで

12月初旬から2歳の娘に「サンタさんからのプレゼント、何が欲しい?」と聞いてたのだけど、「え?」とか「おとしゃん、ごはん」とか、ぜんぜん決まらない。なんでだよ。トボけるポイント間違えすぎだろ。

 

こうなったら実力行使や!ってことで12月23日、オモチャ屋に連れて行って「どれがほしい?」作戦を決行した。喜ぶ娘。

そして「これがいいー!」と決まった模様なので、オッケー、お父さんサンタさんにお願いしとくから、今日は帰ろう、と言ったところ「やだぁぁぁぁぁあああ!今ほしい!!」てなった。そらそうか。反省した。

 

いやね、実際は買うのよ、このあと。だけど24日に君の枕元に仕込むっていうイベントが必要だから、こっそり買って持って帰るっていう、父の事情もあんのよ。と説明したい気持ちをよそに「今ぁぁぁああ!!」て言ってる。うーむ。

「サンタさんが届けてくれるって言うからさ、待ってみようぜ」「お父さん、今お金持ってないんだよ」とか必死の説得をしてその場から引き剥がし、こそっと買って帰宅。24日の夜枕元に仕込んだ。クタクタやで。

 

で、25日の朝、俺より先に起きた娘が「あれあれあれあれあれ~?」って。「これ、ほしかったやつだよ」って。キミ、そんなにはっきり日本語しゃべれるんかい。いい子にしてたからサンタさんが届けてくれたんだね、よかったね、って。素敵な瞬間ですよ。

しかしそこから先はオモチャを使った地獄のレジ遊びごっこが始まりまして。まさかの23時半まで寝ないという新記録も樹立。ちょっともう、お父さんもお母さんもレジ飽きた!本日は閉店ですから、頼むからもう寝ましょう、お客様!って。

 

メリークリスマス。