読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男はよわむし

会社でインフルエンザの注射を打った。ほんと痛い。ほんと苦手。

だいたい、男ってのは痛みに弱すぎる。注射怖い、歯医者怖い、病院、怖い!例に漏れず私も、だいたいのことが怖い、逃げ出したい。しかし今日、なんとか注射を打った。乗り越えた!

 

で、自分の次が部長の番。いつもは強気な部長が、あれ?なんか今日、お行儀よくないですか?そして部長着席、ひじ上のところをアルコール消毒しているとおもむろに部長はこう言った。

「先生、私今日、誕生日なんです」

 

注射を打つ先生が一瞬、ハァ?って顔をした。そりゃそうよ、だって他人の誕生日なんて、靴の裏よりどうでもいいよ。たださすがお医者さん、機転が利いた。「そうなんですね、おめでとうございます」。

そして手際よく注射を取り出した瞬間、部長が続けてこう言った。

「先生、私今日、誕生日なんで、優しくしてください」

 

あーーー、そういうこと!?ってなって、先生苦笑いだし、会社の保健師さんはあきれてるし。えーいつもの豪快な部長、どこへ行っちまったんだよ。男ってのは、弱すぎる。