読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミだけのクリスマスを楽しんで

12月初旬から2歳の娘に「サンタさんからのプレゼント、何が欲しい?」と聞いてたのだけど、「え?」とか「おとしゃん、ごはん」とか、ぜんぜん決まらない。なんでだよ。トボけるポイント間違えすぎだろ。

 

こうなったら実力行使や!ってことで12月23日、オモチャ屋に連れて行って「どれがほしい?」作戦を決行した。喜ぶ娘。

そして「これがいいー!」と決まった模様なので、オッケー、お父さんサンタさんにお願いしとくから、今日は帰ろう、と言ったところ「やだぁぁぁぁぁあああ!今ほしい!!」てなった。そらそうか。反省した。

 

いやね、実際は買うのよ、このあと。だけど24日に君の枕元に仕込むっていうイベントが必要だから、こっそり買って持って帰るっていう、父の事情もあんのよ。と説明したい気持ちをよそに「今ぁぁぁああ!!」て言ってる。うーむ。

「サンタさんが届けてくれるって言うからさ、待ってみようぜ」「お父さん、今お金持ってないんだよ」とか必死の説得をしてその場から引き剥がし、こそっと買って帰宅。24日の夜枕元に仕込んだ。クタクタやで。

 

で、25日の朝、俺より先に起きた娘が「あれあれあれあれあれ~?」って。「これ、ほしかったやつだよ」って。キミ、そんなにはっきり日本語しゃべれるんかい。いい子にしてたからサンタさんが届けてくれたんだね、よかったね、って。素敵な瞬間ですよ。

しかしそこから先はオモチャを使った地獄のレジ遊びごっこが始まりまして。まさかの23時半まで寝ないという新記録も樹立。ちょっともう、お父さんもお母さんもレジ飽きた!本日は閉店ですから、頼むからもう寝ましょう、お客様!って。

 

メリークリスマス。